当法人理事長が読売新聞で紹介されました

一般社団法人おかえり基金の土井高徳理事長が、5月12日付読売新聞朝刊(西部本社版)で紹介されました。

土井氏は当法人理事長を務める一方で、ファミリーホーム「土井ホーム」を運営していますが、その活動の一環として、ファミリーホームを”卒業後”、行き場のない青年たちのための住宅「おかえり」を建て、支援に取り組んでいることが詳述されています。